❤ぼちコン24期予約受付❤

2019年こそ!勇気だそう!
1月満員御礼!2月予約可!
早くも残り2席となりました!

詳細をみる

夫婦が支え合うということ(賢者の贈り物)

今、結婚されている方の中には、

パートナーとどうしたら幸せに暮らしていけるか

分かり合えるかについて考えていらっしゃる方も多いはず。

また、もちろん独身が自分のライフスタイルに合っている

と思う方もいるでしょうし、これから良い伴侶と

幸せになりたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

人それぞれの考え方があると思います。

私は、今のパートナーと支え合って生きて行きたいです。

昔は結婚相手があらかじめ決まっていたこともあるでしょうが、

今は誰に頼まれたわけでもなく、

自分たちでお互いを求め合って結ばれることが多いです。

でも、「最初は良かった」けれど

いざ一緒に住んでみると相手のここが嫌だとか

もっとこうだったら。というところがたくさん目立つようになって

最終的には恨み合ってお別れなんてことも残念ながらあります。

夫婦にとって一番大切なのは、

相手の気持ちを理解しようとする気持ちを失わずに

ずっと持ち続けることにあるのではないでしょうか。

お互いがお互いの気持ちをなるべく自分のことのように

分かりたいと思うことこそ「思いやり」です。

「賢者の贈り物」

というお話をご存知でしょうか?

クリスマスイブに、貧しかった夫婦が互いを思いやり

妻は自慢の長く美しい髪を切って売り、

そのお金で夫の懐中時計にぴったりな鎖を買いました。

夫もまた、お気に入りの懐中時計を売り、

妻の美しい髪のためにクシ(髪飾りになるもの)を買いました。

つまり、互いが自分の大事なものを手放して

相手の大事なもののためにプレゼントを贈りあったのです。

もちろん時計の鎖も髪のクシも

物としては意味のないものになってしまいました。

でも互いが贈りあったものは目には見えない「愛」です。

このお話のように、夫婦が支えあうということは

互いが互いのことを自分以上に大切に思い合うことだと思います。

理論的に考えると、自分自身が各々を一番大切に思っていたほうが

効率もよさそうですし、そちらのほうが簡単そうです。

でもあえて愛する人を大切にし合って、思い合って生活すると

とっても心が温かいのです。

なぜでしょう?それは人というのは結局単体ではなくて

全てと繋がっているからです。

身体は離れていても深いところでは全てがひとつだからです。

もちろん自分もその一部なので自分のことも大切にします。

でも、それだけでは結局満たされないということです。

思い合って繋がりを実感できた時、暖かな安心を得ます。

夫婦や家族というのは、その一番小さな単位と言えるでしょう。

ご縁あって結ばれた夫婦、家族。

つい夫婦だから、家族だから、と

相手の気持ちを分かりきっていると思わずに

常に話をしたり、顔色や雰囲気を見たりし合いながら

思いやることを忘れずにいたいものです。

❤ ブログランキング参加中だよ❤
あなたの1日1タップが、
誰かの笑顔につながるよ!

一人でも多くの人に、
もっちーのメッセージを届けたいから♪

投票ボタンぽちっとお願いします!
※ランキングページが開いたら投票完了!
ランキングページは閉じてOKです

61.114.77.92




★もっちーメルマガ★
ブログの更新&読者限定情報を
受け取りたい人は今すぐ登録してね!
↓↓


 


スポンサー様

コメント