ぼちコン次の予約は12月スタート22期分!残2席

完全オーダーメイト!世界に1つだけ!
あなたが「自分らしく輝く」ぼちコン♬
60人の卒業生を輩出した大人気メニュー!

詳細はこちら

老害と敬老のちがい。

幸せのコツ

最近、老人が増えていくにしたがって

「老害」って言葉もよく目にするよね。

老害っていっても、老人が害だという意味じゃなく、

老害といわれる人が共通して言うワードがあるよ。

 

 

誰のおかげだと思ってるの!

親への感謝はないのか!

今までこんなにしてやったのに!

だから私を敬え!尊重しろ!

 

 

ってやつな^^

 

ここで、

はーーーい、まじそういうの

正直うぜーーーーっす(笑)

て思った方は若者の感覚だね。

 

なんでこれが老害かっていうと、

全部、過去頼りで「今」がないから。

 

人間関係ってのは、

常に「今」更新されていくものなの。

 

たとえ過去に

これだけお世話してやったのにとか、

育ててやった親だからとか、

そういうことがあったとしても

「今」のあり方に人は着いて来るもの。

縁を引き寄せるのは常に「今」のあなた。

 

「今」を見ず「過去」の恩を売る、

それが「老害」の正体。

老いることが害になると書く。

 

そういう人は若者からうざがられるし

もちろん大事にもされない。

これは年齢的な老人という意味ではなく

年齢は若くてもそうなってしまう人もいる。

 

育てた人材が独立するのを阻むとか、

子が独立するのを妨げるとか、

成功した知人に恩を売ってたかるとか・・・

 

そういう感じでやばくなっていく。

 

もしあなたが、

そういう人に遭遇した場合

怖いから顔色伺って合わせたり、

言いなりにはならないでね。

それは【支配】のはじまりだよ。

支配されたが最後!😂こえええ

 

 

対して、

 

敬われる老いというのは、

常に「今」自分をアップデートしてる人。

子育ても、仕事も、過去の経験も

「してやった」ではなく「いただいた」

の受け取り力のほうが高いので、

愛で満たされている。

 

過去の恩を売って気を引く必要もない。

実際、家族や周りにも愛されて

大事にされ、常日頃から

「ありがとう」と言われてるのよ。

そういう人が、敬老。

若い頃からこういう感覚の人は

老人になっても、

老害じゃなく敬老でいられるよ。

 

受け取り力の高い人は、

かみさまとも強くリンクする。

すると、どんどん導かれ、与えられ

ある!またあった!と気付き続ける。

 

もしね、

あなたが老害化してるかも!?

てドキッとしたら、

とりあえず落ち着こう!

その態度、逆効果になってない?

その言葉、反作用になってない?

て、本質を見てみよっぜ!!




スポンサー様

コメント