ぼちコン次の予約は12月スタート22期分!残2席

完全オーダーメイト!世界に1つだけ!
あなたが「自分らしく輝く」ぼちコン♬
60人の卒業生を輩出した大人気メニュー!

詳細はこちら

毒親を断捨離しましょう!

幸せのコツ

そうだ 毒親、捨てよう。

 

庭で座ってる人たちの図^^

 

たとえ親でも、気分の良い関係でなきゃ断捨離だ

あなたのご両親は、

一緒に居たり話したりしていて

なんだかんだで好きな存在かな?

それとも、

「親だから」て理由がなければ

一刻も早く離れたいのかな?

 

私は、いわゆる「毒親」つまり

自分にとって毒(苦しい・精神病む)になる親との

関係をキッパリと断捨離した経験があります。

両親ともに、金銭問題。

いわゆる「育ててやった」ことを理由にした

お金をせびる両親で

電話鳴るたび、手紙届くたび、

ドキッ!とさせられる苦しい関係でした。

だって散々の恨みつらみと恩着せを書いたあげく

○○万円足りません。電気止められちゃいます。

送金してください→送金先口座

という内容ばかりだから。

電話出るのも、手紙開封するのも恐怖です。はい。

 

んな関係、あきらかにおかしいやろ^^

だから断捨離したよ。

1円も出せない!って宣言した。

そしたら全く連絡が来なくなったぜ笑。

しがらみで人間関係を判断したらあかん

てことで、

たとえ親、子、親戚、同僚、上司、先生・・・

といった関係者であろうとも

純粋に自分がその人と関係することで

どういう気分になるか?だけで判断しましょう。

 

かの、お釈迦様(ゴータマ・シッダールタ)も

とりあえず「身内」とかいう色眼鏡で

真実が見えなくならないために

涙を飲んで出家という形をとったぐらいだから。

 

妻と子を捨てるなんてサイテー!

と思わないで下さいね。

そんなのお釈迦様だって百も承知なのさ。

その上で、本当に人のため自分のためを思えば

ひとまず出家して先に自分が悟るべきだと

決断したんだと思う。スゲーことだぞ。

逆に他人でも好きな人とはどんどん関わろう

だからね、とにかく枠にとらわれないこと。

たとえ血の繋がりや社会的な関係はなくても、

「この人好きだわー!」

「なんかこの人といると元気になる」

「この人についていきたい!」

「もっと話したいな!この人!

って人がいたらどんどん関わっていくといいよ♪

人付き合いの基準は、そこにある!

全部がそれ!全てそれ!

肩書に惑わされずに「その人といて良い気分か」

だけで、誰と付き合うか決めたほうがいい!!

これ、間違いない!!!



コメント